本文へスキップ

住宅ローン計量化システム

 システム概要

住宅ローン債権のポートフォリオ、デフォルト状況の把握、住宅ローンのプール区分やPD推計などのリスク管理区分や基準の妥当性の検証が可能です。また、住宅ローン債権のライフタイムバリュー(顧客生涯価値)を計算し、将来にわたる資金収支の算定と、VAR(最大損失額)を計算し信用リスクの算定を行います。


 システム導入効果

1.住宅ローン債権の恒常的なモニタリングを実現します。

債権者のポートフォリオ、デフォルトの状況を精緻に把握することで、どのような債権を金融機関様が保有されているのかを恒常的にモニタリング、監視することが可能になります。

2.長期債権である住宅ローンのリスク、収益性の精緻な把握

長期債権である住宅ローンの将来にわたる、リスク、将来の収益性の把握をライフタイムバリューや、VARなど目に見える指標でグラフィックに把握可能です。これにより、新商品の開発、住宅ローン債権の取り組み方針、施策などの策定を支援します。

3.現在の住宅ローン債権の管理基準の検証、監視が可能です。

プール区分やPDなど、金融機関様が住宅ローンを管理されている基準の検証を行えます。
今後の金利上昇を見据えた場合、住宅ローンのリスク管理の重要性は更に増します。
常に現在の管理基準を監視することで、改善などをいちはやく行い、将来のリスクを回避します。


関連システム
信用リスク計量化システム