本文へスキップ

融資稟議支援システム

 システムの特徴

単なる稟議書作成、ワークフローシステムではない、新しいコンセプトによる融資稟議システム

【業務の効率化】  

・業界出身者のノウハウをもとに、業務面を重視したシステム構築。
・多くのサブシステムと連携することにより、更なる効率化が可能。
・従来のペーパーベースの稟議書回付をシステム上で再現。
・ToDo管理機能とワークフロー機能の融合で、担当者毎/全体の進捗管理の徹底に寄与。
・案件履歴のデータベース化で、拡張性のある基盤を構築。
・既存融資帳表(資産)等の継承も可能。

【システムの拡張性】

・保証人の正引き/逆引きを実現した「保証人管理システム」。
・決裁条件に基づいた契約書を自動出力する「契約書作成支援システム」。
・担保不動産の仮台帳を作成する「仮台帳作成システム」。
・過去の決裁/否決案件のDB化により、見込み客のリストアップ、方針、セールス管理を行う「営業店コンサルティングシステム」。
・情報をきめ細やかにデータベース化。後々のデータ分析、統計、ターゲット抽出、コンサルティング等、発展的な情報の有効利用が可能。

 システムの仕組み

〜従来の稟議書作成、ワークフローにとどまらない拡張性〜



関連システム
契約書作成支援システム
ベンチマーク集計システム
事業性評価支援システム
渉外支援地図システム