本文へスキップ

有価証券管理システム

 システム概要

金融機関が保有している有価証券の売買取引、利息受取処理、償還処理、配当金処理、伝票作成などをシステムで管理することで業務を効率化します。
売買連絡表や社内の稟議書、有価証券売買約定実績表、各種台帳なども自動作成します。


 システム導入効果

1.有価証券売買業務における事務処理の合理化・迅速化

有価証券に係る売買取引や利息受取、償還処理、配当金処理、伝票作成などをシステムで管理し、銘柄限度額の自動算出、稟議書や約定実績報告などの自動作成、自動仕訳処理、元帳の自動作成など業務の効率化を図ります。仕訳データのホストへの連携により伝票の作成と入力作業が不要となります。

2.決算業務の効率化

有価証券のアモチ・アキュム計算、評価損益の把握、信用リスクアセット額の算出など決算処理に必要な情報をスムーズに提供します。

3.売買予測の合理化

有価証券の利金収益予測や償還予測を行いますので、今後の有価証券売買の参考として頂けます。


関連システム

固定資産管理システム
決算業務支援システム
反社会的勢力情報チェックシステム
出資金管理システム
経費支払事務支援システム