本文へスキップ

渉外支援地図システム

 システム概要

渉外担当者の行動管理(訪問予定や目標管理)をはじめ、取引先企業の情報(属性情報や過去の取引経緯など)を一元管理することができ、渉外担当者間での情報共有を行うことができます。また、デジタル地図との連動により、ビジュアル的に顧客や地域分析を行うことができ、取引先企業に向けて提案をサポートすることができます。


 システムの特徴

1.顧客属性情報の蓄積

勘定系情報(基本情報、預貸金情報など)だけでなく、定性情報の蓄積を主眼としたシステム構成となっており、各種キャンペーン履歴や親睦会参加履歴なども蓄積することができます。
また、利用ユーザーにて自由に蓄積したい情報を追加してくこともでき、刻一刻と変化する情勢に遅れることなく情報蓄積を行うことができます。

2.担当者ポータル機能による行動管理と情報共有

担当者ごとのポータル機能により、担当者のするべきことの見える化でき、業務効率化を実現することができます。また、掲示板機能による全体の情報共有を行い、ビジネスマッチングなどの案件も迅速に対応していくことができます。

3.デジタル地図の活用

デジタル地図を用いて、各種情報のビジュアル化を行い、効率的な行動管理や顧客分析を行うことができます。また、国勢調査などの情報も併用することで、地域分析を行うことができ、取引先企業へのコンサルティングもサポートすることができます。


関連システム
融資稟議支援システム
契約書作成支援システム
ベンチマーク集計システム
事業性評価支援システム