本文へスキップ

リアルタイム連結

 システムの特徴

・期中の取引データから直接連結自動仕訳処理を実行します
・常時企業集団の連結された経営成績及び財政状態の把握が可能です
・連結子会社の決算を待たず随時連結決算状況の把握が可能です
・既存の会計システムと共存し、フル連動が可能です
・四半期連結開示対応が即可能です
・連結決算事務処理コストを大幅削減します

  ・「リアルタイム連結」は登録商標です
  ・「リアルタイム連結会計システム及びリアルタイム連結会計プログラム」は特許を取得しています

 連結会計システム「JIN〜仁(ジン・ツー)」のご紹介

 国際的に活躍する企業は、今後、IFRSに対応した連結財務諸表を作成する必要があります。 当社は、「リアルタイム連結システム」をもとに、株式会社レイヤーズ・コンサルティングと共同で新しい連結会計システム「JIN〜仁(ジン・ツー)」を開発しました。 「JIN〜仁」では、国内外の子会社も含めて国内会計基準にもとづいて連結財務諸表を作成することはもちろん、国内親会社・子会社の財務諸表をIFRSに組み換えることによってIFRSに対応した連結財務諸表を作成することも可能です。 また、従来のようにリアルタイムで連結決算を実施する機能に加え、

 (外部リンク)

 ・経営管理の強化

 ・連結決算の早期化・効率化

 ・IFRSへのコンバージェンス対応

などの機能が実装されております。


 システムの仕組み


 Webメディア掲載情報

2010.03.16 IT pro「IFRS国際会計基準」 に「JIN〜仁(ジン・ツー)」の発売に関する記事が掲載されました。
2010.03.16 ZD NetJapan「IFRSで強くなる企業〜国際会計基準で変わる企業活動のモノサシ〜」 に「JIN〜仁(ジン・ツー)」の発売に関する記事が掲載されました。
2010.03.15 EnterpriseZine に「JIN〜仁(ジン・ツー)」の発売に関する記事が掲載されました。

関連システム
固定資産管理システム