本文へスキップ

法人決算書リーディングシステム

 システムの機能構成

決算書リーディングシステムは、法人取引先の多様な決算書類を読み取り、財務分析/法人格付システムにデータを渡すシステムです。


 システムの機能概要

1. 決算書原本を直接読み取り

財務諸表の代表的な3つのパターン(報告書型、罫線付型、前期対比型)に対応しているため、表組み等を修正することなく、原本を直接読み取ることが可能です(ただし手書きには対応していません)。
  • B/SかP/Lかを指定して読み取るだけで、原稿サイズや様式の設定は不要です。
  • 勘定科目は並び順や内蔵辞書による推定を行うことで、読み取り精度を上げています。

2. 勘定科目を自動的に引き直し

財務分析ソフトへの受渡様式に合わせて、勘定科目の引き直し(変換と集計)を自動的に行います。

  • B/SかP/Lかを指定して読み取るだけで、原稿サイズや様式の設定は不要です。 
  • 勘定科目は並び順や内蔵辞書による推定を行うことで、読み取り精度を上げています。



関連システム

個人事業主決算書リーディングシステム
税務申告書附属明細登録システム
決算書伝送システム
IFRS決算書登録システム
財務分析システム