本文へスキップ

自己査定支援システム

 システムの特徴

●各金融機関の状況にマッチした柔軟な運用が可能
半期決算・四半期決算・月次決算まで対応できるので、各金融機関の現状にあわせ、柔軟な運用が可能です。

●財務の入力から債権償却引当金まで一連の流れを管理
財務登録から格付・自己査定・実績率算定・債権償却引当まで一連の業務において、データ連携を意識することなく作業が出来るので、作業の大幅な効率化が可能です。

●随時自己査定業務を円滑に進める進捗管理
決算書が登録された先や延滞が発生した先など、自己査定対象先をシステムで自動的に抽出します。また、承認や差し戻しなどの業務をワークフロー化しており、円滑に業務をおこなえます。

●格付と自己査定業務の一体管理
精度の高い実績を持つ格付システムと自己査定システムが一体となって稼動しますので、信用格付と債務者区分の整合性が確保されます。

●分類額の自動算定
決定された債務者区分に基づき、科目毎及び債権者毎の分類額を自動算定しますので、作業の効率化と債権管理の高度化が図れます。

●格付査定統合データベースの構築
格付及び自己査定に関連した情報を将来展望として、融資稟議業務をシステム化する際に有効となる、融資統合データベースへ発展させる事も出来ます。

 機能概要



関連システム
法人格付システム
個人事業主格付システム
経営計画策定支援システム
貸倒実績率算定システム
債権償却引当金管理システム
延滞管理システム
信用リスクアセット算出システム