本文へスキップ

延滞管理システム

 システム概要

延滞、事故発生先の管理を行います。取引先が延滞や事故(不渡、破産、民事再生)、代表者死亡等を起こした場合、折衝状況の把握、契約書の点検、担保の確認、保証人の資産調査、督促状の作成などをシステムで管理します。


 システム導入効果

1.営業店及び本部にて延滞発生をすぐに認識可能

勘定系から日次でデータ連携することにより延滞発生後にシステムが自動的に延滞情報を進捗管理画面に一覧で表示します。

2.延滞債権に対する営業店の取り組みや交渉経緯を本部でも把握可能

今までは見えにくかった営業店の取り組みについてもシステムを通して報告することで、本部でも全体的な把握ができ、指示内容も具体的に落とし込むことができます。

3.ペーパーレス化を実現

延滞交渉報告書や月末基準での延滞貸出金一覧表など、全てシステム画面上での閲覧、承認が可能になり、ペーパーレス化を実現します。


関連システム
法人格付システム
個人事業主格付システム
経営計画策定支援システム
自己査定支援システム
貸倒実績率算定システム
債権償却引当金管理システム
信用リスクアセット算出システム