本文へスキップ

ベンチマーク集計システム

 システム概要

平成28年9月に金融庁から公表された「金融仲介機能のベンチマーク(地域企業の事業活性化のために金融機関がどの程度支援しているかを図る指標)」について、当社システムやホストコンピュータで保持している様々なデータを元に自動集計しベンチマーク資料を作成します。これにより各金融機関での当局への集計・報告業務を効率化します。


 システム導入効果

1.システム連携による効率的な集計

顧客情報、決算書情報、財務情報推移、信用リスクの状況やライフステージに関わる情報など、他システムで保持している情報を連携することで効率的な集計を実現します。
また、事業性評価支援システムや業況管理システムなど各サブシステムを利用することで、推進状況や実態を把握した集計も実現可能となります。

2.フラグ登録やデータ整備への対応

フラグ登録や各部署把握データの取り込みによる集計も可能としています。
また必要項目に絞った財務データ整備など営業店に大きな負担をかけないデータ整備機能も実現。
最も簡便に集計作業が出来るよう考慮しています。


関連システム
融資稟議支援システム
契約書作成支援システム
事業性評価支援システム
渉外支援地図システム