本文へスキップ

ご挨拶

CEO 代表取締役
 公認会計士    松岡仁史

 株主様ならびに取引先の皆様には、平素よりご厚情を賜り御礼を申し上げます。

 当社は設立してから、主に金融機関向けシステムの開発に注力し、競合激しいIT業界にあって、ここまでやって来ることができましたのも偏に皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 当社は、これまで、会計・税務・金融分野における専門的なノウハウを生かし、主に金融機関向けの与信リスクを管理するシステムを開発して参りました。 「担保不動産評価管理システム」、「決算書リーディングシステム」など金融機関の基本的な業務をカバーするシステムの他、 「法人格付システム」、「自己査定支援システム」、「融資稟議支援システム」など与信管理に必要な根幹業務を支援するシステム、 「貸倒実績率算定システム」や「債権償却引当金管理システム」など専門性の高い高度な業務知識を必要とするシステム、 さらに一歩踏み込んだ新BIS規制に基づく「信用リスクアセット算出システム」や金融機関の信用リスク管理の高度化に対応した「信用リスク計量化システム」などを提供してまいりました。

 このように金融機関の主要な業務に係るシステムを提供してきたことで、当社自身様々な業務知識、開発ノウハウを蓄積して参りました。 その結果として金融機関からの信頼を背景に、「契約書作成支援システム」や総務部門関係の「出資金管理システム」、 あるいは経理部門関係の「決算業務支援システム」の開発、提供にまで展開してきております。
 さらに、当社は、金融機関向けシステム開発で培った専門性を生かし、一般事業会社向けの「リアルタイム連結会計システム」、 また「固定資産管理システム」も提供し、販売先の拡大を目指しております。

 平成25年3月からは、手許資金の有効活用の一環と安定的な事業収益の獲得を目的に不動産を購入し、新たな事業として不動産賃貸業務を行っております。

 当社は、これまでの業務を一層深めると共に、新たな展開も進めておりますので、役員をはじめ従業員一同、皆様のご期待に沿い続けることができるよう、 一層、業務へ精励する所存であります。何卒、今後ともご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。